〓トップ竿ビルド〓
2014-04-08 Tue 20:00


どもっ



先週末なんて普通に雪降っているすけどw

いつになったら春が来ることやら…



はい、昨年末に仕入れていたセンクロブランクを使ってロッドを組みますた







6’6”ブランクを5’3”まで大胆にカットし、懐かしのフジグリップと組み合わせてみた



ややオールドスクールなルックスにモダンロッドのエッセンスを加えた、ネオクラシカル・サーフェスロッドがコンセプトだす

ラッピングパターンも往年のレトロ感を出してみたんす















ラッピングカラーは、当ブログページ(PC版、スマホ版)のカラーイメージである蛍光グリーンでレーシーさとモダンさを狙ってみた

源造さんやH谷さんのような真性トッパーさん達が見たら爆笑するような「やっちゃった感」満載な仮性トップロッドになりますたなw



ちなみに使用ガイドは、フジのMNオーシャントップ#6、KT#6×3、KB#6×2、KW#8×1、KW#10×1の計8個

全てステンフレームだす



カーボンブランクのショートロッドということでティップの返りの初速を抑制するため、ティップセクションへは適度なダルさを加えていますよ

中年が使うロッドには程良い「ゆるさ」が必要なんだす

あまりカリカリのセッティングだとキャスト疲れしちゃって一日持ちませんがなw



ほんで、ちょっと気になっているのがデフォのブランク設計を無視して激ショートロッド化しているので、ベリーのおいしい「粘り腰」が残念ながらスポイルされていること

それとブランクエンドの強度にも不安が出てくるので、エンド内部へ折れ竿のブランクを積層インサートして補強を施し、ベリー~バットの張りの増強を図っております

どの程度までの補強がベストなのかというノウハウを全く持ち合わせておらないので、ほぼ手探り状態でセッティングしましたけどw



それと殆どのロッドはブランクのスパイン側へガイドを配置していますよね?

しかしこのロッドは、スパインから左へ90度オフセットさせてガイドを配置しています

勘が良い人は勘付くでしょうが、キャスト優先のセッティングだす

ですのでファイト時のことは微塵も考えていませんwww 



まあこんな感じで実験色がかなり濃いロッドとなりましたが。。。



調子に乗って2本作ったっすwww(MとMH)







そんなわけで今期のサーフェスゲームは、この2本をメインに使い倒そうと思います



ほんで。。。

現在子供の学費やら生活費やらでオヤジの小遣いが壊滅的被害を受けているんすわ

源造さんから頂いたブランクのリメイク&グリップ購入も順延だすね

パーツ購入費用が捻出が難しいので楽しみにしていた怪魚ロッドのビルド着手も夏以降かな?

なんだかんだでビルドorリメイク予定のロッドが4、5本分はあるなぁ…



ではまた。。。




別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:8 | top↑
BACK | 〓 Hikki Sixx の Burn! Fishing 〓 |