〓タックル拡充ちう〓
2012-11-14 Wed 15:41
とりあえず生きていますっ Hikki Sixx だす



さて、釣りに行かないと途端に更新が途絶える当ブログ

更新も無いのに毎日訪問頂いている奇特な読者&ブロ友の皆様にはホント申し訳ないっす

ゴメンナサイ



ほんで、本題ですが。。。

この度、某アメロ宣教師様より譲り受けることとなったロッドが届きました

Phoenix Ultra Swimbait Classic USB-790H-C



moblog_79c67df3.jpg 



moblog_6bae85eb.jpg 



今までのスイムベイトロッドの印象から、「長過ぎ」「硬過ぎ」「重過ぎ」な剛竿三重苦のイメージを持っていましたけどね

この手のロッドにしては軽量ですたね~

体力が衰退しているオッサンでもイケそうなウェイトだす



ほんでキャビネット相手にリフティングしてみると意外にもティップが入ります

ガチバキなイメージに反して意外と手軽に使えそうな現代的フィールのロッドだすな

勿論それなりの気合、筋力、体力は必要でしょうけど



ルックスはPhoenix Rods社のある西海岸の陽気なカラっとしたイメージとは違い、ダーク&ウェットな雰囲気を醸し出していますな

かなり凝ったコスメに加え仕上げ自体もキレイ

それに高級家具や楽器等でも使われているバールメイプルのバットエンドがアクセントとなっていて素敵だす~ 



moblog_1a6b7e67.jpg 



ティップまでクロスメッシュカーボンに覆われた極太ブランクがブルータルさを強調しながらもエキゾチックな妖しさも兼ね備えているという何とも不思議なロッドだすね

好みが別れるかも知れませんが、オラはこのセンスは好きだす~

FVDさん 有難うございました 大事に使わせて頂きます





それと、またもや告知無しでビルドしていたNFCロッド MB664-1IMが完成



moblog_f2769fca.jpg



右が初号機のMB665 IM 、左が今回完成したMB664 IM

ビルドした本人ですらグリップの汚れ以外に見分けが全くつきませんっ



そういう事態になると思って初号機とはスレッドカラーを変えています

MB665 IM はブラックにシルバーのトリム

MB664 IM は、ロイヤルブルー&ブラックにプラチナのトリム



moblog_eb2a61ea.jpg



結局、自己満の世界なんで、スレッドカラーなんてどうでも良い話ですね はい



さて、MB664 IMのパワーバンドはミディアムだけどミディアムライトぐらいの繊細な印象を受けますな

シャープな振り抜き感に反して感じる「ねっとり&もっちり感」はNFCの特性ムンムン

国産ロッドのドライな感触と比較して良い意味でウェットな感触だす(感度がウェットと言う訳ではないよ)



キャビネットにラインを結んで一気にリフティングしてみるとバット付近まで素直にブチ曲がりますが、弱々しさを感じる事はありませんね~


きっと初めて触る人は「意外と柔っけー!」とか「しなるだけじゃん!」と、ブランクのフレックス特性だけを指摘するかも知れんけどね

実際にフィールドでパワフルな魚を掛けないと体感出来ない超ド級のパフォーマンスを秘めとるのだすっ



MB664 IMのガイドセッティングは、セミマイクロのスパイラルにしますた

(初号機MB665 IMも既にスパイラルガイド化済み)

スパイラルガイドセッティングにすることでティップ~ベリーセクションにかけてのダイレクト感が間違いなく向上しますね

しかしブランクパフォーマンスをスポイルするようなネガティブな要素を若干感じているので気が向いたら記事にするかも?



ほんで。。。

これらの2本を持って近所の野池にキャスティングテストへっ 



moblog_ec89be8b.jpg 



がっ。。。

冷たい爆風に煽られて、10分ほどでスゴスゴと退散

ホント根性無しなもんで・・・



今週末は久々に空く予定だすっ

「しゃーねぇーな!オレが釣りに連れて行ってやるぜっ!」という優しき方は是非ご連絡をっ!

でも予報は雪だったな・・・



PhoenixとニューNFCの実釣インプレは次回かな?



ではでは。。。
















スポンサーサイト
別窓 | ☆Bass☆ | コメント:6 | top↑
| 〓 Hikki Sixx の Burn! Fishing 〓 |