〓The Delta Is Come〓
2017-07-25 Tue 08:13




どもっす

ブランク着弾です










すべてノースフォークコンポジットのDeltaブランクですd(^_^o)

日本初上陸だと思いますよ

もちろんオラのだけではないですけどね

来週あたり第2弾も到着予定




ではまた。。。



スポンサーサイト
別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:0 | top↑
〓NEW COMER〓
2017-05-11 Thu 17:30



どもっ

今回はブランクの話なので、ロッドビルドに興味が無い方はスルーでお願いします



本国のノースフォークコンポジット社(以下、「NFC」と標記)よりニューブランクが発表されていますな

そのニューシリーズ名は「Delta」と名付けられています

まだ国内代理店のブルーピークスさんではアナウンスしておりませんが、近日中に何らかのアクションがあるのでは?



サイト等から読み取るに「Delta」の特徴としては、ウェイト的には「IM」より数%増、強度的には20%増

ウェイトの増加なんてパーツ構成で大幅に変動するので、ブランク自重の微々たる増加なんて全く影響はありませんけどね

やはり個人的には(何を持って強度増なのかわからんが…)「強度が20%増」というフレーズに激しく心を動かせられます



本国NFCのサイトで見てみるとブランク表面はアンサンディングなようで、従来のローカーボンフィニッシュとは趣が違いますね

ルックスは昨年に発表されたグラスコンポジットの「S2」ブランクと似ています

個人的にはローカーボンフィニッシュの飾り気のないマットで無骨なほうが好みではありますが…

「Delta」の素材的には「HM」、「IM」、「SM」、「S2」という既存シリーズで用いられていたマテリアルを「Delta」の機種毎の特性に併せてブレンドしているということです



NFCのfacebookにアップされていた「Delta」を過激にベンディングしている動画を見たのですが、強烈な垂直U字ベンディングさせて涼しいお顔をしとりましたw

結構柔らかそうな機種のブランクだったけど、2リットルぐらいのポリタンクを無理矢理リフティングしているのに笑えたwww

このあたりの曲げ耐性のタフさをもって「IM」より強度20%増だと激しく嬉しい



ほんで「Delta」の価格帯なのですが…

同機種で比較すると従来最も安価であったSMよりも更に3割ほどお安くなっております

工場移転により生産効率が上がったからなのかマテリアルコストが下がったのかは不明ですが、ユーザーにとってより安価に良いブランクが購入できるのはありがたいことです

アンサンディングなので研磨コストの低減も低価格に影響しているのでしょうね



いまのところ従来機種と同モデルがいくつかと「Delta」独自の機種が少数と、そんなに「Delta」のバリエーションは多くはないです

今後バリエーションが拡充していくと思いますので期待が高まりますな



ちなみに今まで自分用およびNobuさん用のプロトロッドは、オラの財布事情で安価に調達できるMHXを多用していたんですよ

しかし「Delta」の本国での価格をみると、MHXとの極端な価格差はないのですね

今後は「Delta」ベースでプロトを製作し、用途上の必要があればマテリアルを「HM」、「IM」、「SM」へ変更して最終型を製作するという選択肢もありますな



MHXについて多少補足すると。。。

知っている人も多いと思うけど、MHXはブランク売りだけで完成ロッドを全く販売していないんですよね

でも入手し易く安価で使えるブランクなんですよ



そんなわけでMHXロッドが欲しければ自分自身で組み上げるか、他人(とかカスタムショップ)に依頼するしかないのね

日本のロッドビルディング人口を考えれば無論知名度は低いけれど、もっと広く評価されても良いブランクだと思うなあ

良い意味で中庸で良くできたブランクですよ、コスメにこだわらなければ余裕で2万切りますからね(パーツ代のみね!)

ネームバリューと価格だけバカ高いク○みたいな国産ロッドを使うよりも、MHXブランクを使ったロッドのほうが遥かに素晴らしい性能のロッドになると思いますよ



ちなみにMHXブランク(MBシリーズ)はNFC(やルーミス)の類似モデルと比較するとハーフパワーから物によってはワンパワーほど張りを強く感じるので、そのあたりを考慮してブランクをチョイスすれば良いと思いますね

私見ではMHXのレギュラーブランクの反発力は、NFCのSMとIMとの中間ぐらいか、ややIM寄りのフィールに感じますね

いずれパキパキ系のブランクではないですよ

ただブランク断面を見る限り、NFCのIMよりも比較的肉厚が薄く感じますね

とはいってもNobuさんがハチロー界隈でガンガン使い込んでも全く壊れる様子が無さそうだし(鯉を2mの足場から引っこ抜いたりしても!)、MHXはタフなブランクであることは間違いないっす

そんな訳で安くタフなカスタムロッドを作りたい方にはMHX(ST.Croix SC2、SC3も中々良いよ!)をお勧めします



といいつつも。。。

自分的にはNFCブランクの方が実釣時の使用感やフックセット後の安心、安定感が他社ブランクよりも突き抜けて良いので、(予算が許しさえすれば)NFCブランクを使いたいという願望が強いっすね

ここ2年ほどメジャーからマイナーなブランクまで色々なブランクを輸入し弄くりまわしたりと、随分と遠い回り道をしましたがオラのスタイルやっぱりNFCがマッチしていると思うに至りましたわ



さて次回更新は週末のモンハン後の予定です

ではでは。。。



別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:4 | top↑
〓トップ竿ビルド〓
2014-04-08 Tue 20:00


どもっ



先週末なんて普通に雪降っているすけどw

いつになったら春が来ることやら…



はい、昨年末に仕入れていたセンクロブランクを使ってロッドを組みますた







6’6”ブランクを5’3”まで大胆にカットし、懐かしのフジグリップと組み合わせてみた



ややオールドスクールなルックスにモダンロッドのエッセンスを加えた、ネオクラシカル・サーフェスロッドがコンセプトだす

ラッピングパターンも往年のレトロ感を出してみたんす















ラッピングカラーは、当ブログページ(PC版、スマホ版)のカラーイメージである蛍光グリーンでレーシーさとモダンさを狙ってみた

源造さんやH谷さんのような真性トッパーさん達が見たら爆笑するような「やっちゃった感」満載な仮性トップロッドになりますたなw



ちなみに使用ガイドは、フジのMNオーシャントップ#6、KT#6×3、KB#6×2、KW#8×1、KW#10×1の計8個

全てステンフレームだす



カーボンブランクのショートロッドということでティップの返りの初速を抑制するため、ティップセクションへは適度なダルさを加えていますよ

中年が使うロッドには程良い「ゆるさ」が必要なんだす

あまりカリカリのセッティングだとキャスト疲れしちゃって一日持ちませんがなw



ほんで、ちょっと気になっているのがデフォのブランク設計を無視して激ショートロッド化しているので、ベリーのおいしい「粘り腰」が残念ながらスポイルされていること

それとブランクエンドの強度にも不安が出てくるので、エンド内部へ折れ竿のブランクを積層インサートして補強を施し、ベリー~バットの張りの増強を図っております

どの程度までの補強がベストなのかというノウハウを全く持ち合わせておらないので、ほぼ手探り状態でセッティングしましたけどw



それと殆どのロッドはブランクのスパイン側へガイドを配置していますよね?

しかしこのロッドは、スパインから左へ90度オフセットさせてガイドを配置しています

勘が良い人は勘付くでしょうが、キャスト優先のセッティングだす

ですのでファイト時のことは微塵も考えていませんwww 



まあこんな感じで実験色がかなり濃いロッドとなりましたが。。。



調子に乗って2本作ったっすwww(MとMH)







そんなわけで今期のサーフェスゲームは、この2本をメインに使い倒そうと思います



ほんで。。。

現在子供の学費やら生活費やらでオヤジの小遣いが壊滅的被害を受けているんすわ

源造さんから頂いたブランクのリメイク&グリップ購入も順延だすね

パーツ購入費用が捻出が難しいので楽しみにしていた怪魚ロッドのビルド着手も夏以降かな?

なんだかんだでビルドorリメイク予定のロッドが4、5本分はあるなぁ…



ではまた。。。




別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:8 | top↑
〓股技〓
2014-02-24 Mon 21:29




どもっ


ソチ五輪が終わっちゃいましたね

金1銀4銅3と日本選手団は健闘したと思います

本当にお疲れ様でした



さて。。。







楽しみにしていたマタギの2014カタログが気が付いたら届いていましたよ

嫁にゴミ箱へぶち込まれる直前ですた アブネ


期待していた新製品ですけど。。。

あんま無かったw



マタギオリジナルのABS製グリップとリールシートの塗装色が増えたのが印象的ですね

あとは前々記事で触れたフジのPTSリールシートの未塗装製品がラインナップされていた

フジの塗装済製品の1/3ぐらいの価格でした



マタギでのPTSラインナップでは、フジの塗装版で接着されているカーボンスリーブが無いみたい。。。

それはそれで個人的に好評価なんだけどさ



気に食わないのが、シート内径がφ16mm一種しかラインナップしてないwww

純粋な意味でブランクタッチの恩恵があるのは、ジャストφ16mmのブランクだけね



ほとんどのケースではφ16mmのカーボンパイプを調達して接着するという二度手間が必要ですな

しかし。。。マタギでは外径φ16mmのカーボンパイプの取り扱いがないというお粗末さwww

ジャストエースでもそんな半端なサイズは無いねwww



流星フィッシングワークスで外径16mm内径14mmのカーボンパイプの取り扱いがあるのを知らない人は絶望するしかないっすwwwww



検索キーワード「PTS」で当ブログへ飛んで来る方が増えたのでサービス情報ですたw

ではでは。。。


別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:4 | top↑
〓PTS〓
2014-02-12 Wed 20:00
どもっ




最近笑えた痛いニュース。。。




女性の人権ホットラインの件

職員A「最近、相談の電話が全然掛かって来んわー」

職員B「せやなー 月に10件は相談あったのに、ここ半年は0件やなー」




半年前から電話線が抜けていたらしい

そりゃ絶対に電話鳴らんわwwwww




それと現代のベートーベン、ゴーストライター謝罪の事件。。。

「実は最近ちょっぴり聞こえていますた」 by 佐村河内守

ぷぷっ 絶対もとから聞こえ㌧www




どっちもまるで往年のドリフを彷彿させるコントだなwwww

そりゃあソチの話題も霞みますわ




ところで。。。 富士工業から新しいリールシートが発表されていますな PTS(パーミングトリガーシート)だそう




fc2_2014-02-12_17-36-48-073.jpg 




従来品より肉抜きされてスマートなイメージだす

控え目なトリガーも悪くない ワイド&ローって感じですな

ACSは嫌いじゃないんだけど時に指の握り込みの自由度が限られるみたいな窮屈感を覚えるのね

まあキャストとリーリングはツーフィンガースタイルなので違和感は少ないけど

バス程度だと全く問題が無いんだけどね




怪魚相手のガチファイトでフルパーミングするとACSのトリガーエッジが指に食い込んで痛かったw

これが結構な問題でACSのトリガーを削るか凹凸の少ないECSにするか考えてい たんすわ



ほんで今回発表されたPTSは、トリガーまわりのエッジがナローなので怪魚が相手でも手に優しそうな気がする

ただシート内にカーボンスリーブが接着されていることが気に食わないけど

大胆な肉抜きによる強度低下を補う設計なのかな?




とりあえずMHXのスイムベイトブランクとルーミスのフリップ竿リメイクはPTSを使ってみようと思う

ただね。。。ECS、ACSの未塗装で1000円以下なのに、ペイント済みのPTSが@3,600www

マジで殿様商売し過ぎでしょ?




マタギで未塗装シートを販売することを祈るしかない

今年のマタギカタログが早く届かないか




では、また。。。
別窓 | ∴ロッドいじりの小部屋∴ | コメント:10 | top↑
| 〓 Hikki Sixx の Burn! Fishing 〓 | NEXT