〓17'Surface Games Day Two〓
2017-06-16 Fri 06:00



どもっ



そのむかしは蝶のように舞い蜂のように刺す男と称されたオラでしたが

いまでは嫁さんにせがまれ一緒にWEBショップをしていると。。。

キャッシュを辿ってエロ系アフィリしかでない画面に無情感を覚えずにはいられません

蝶のように舞えず、嫁にサクッと刺される男(嗚咽)



さて。。。

宴の興奮も酔いも醒めやらぬ翌朝(←駄目だろっ!)

北米(北東北米処)シリーズ2日目でございます!

オラは残念ながら諸事情により10時までしか同船できません



5:00 気温13℃、表水温18℃チョイきり

昨日にサカナの反応がマシだったヒューロン湖(仮称)へ行きたかったが…

今日も強風の予報だったので荒れても緊急避難しやすいミシガン湖(仮称)へ



開始後しばらくして、よこさんが可愛いサイズを出すもパッとせず

アンダー主体の徳さん艇、偶然居合わせた独身貴族G(ギャンブラー乗り)艇ですらパッとせず

岸でうろつくVANSのトレーナーを着たオヤジの視線を浴びつつ釣り進む



時間だけが無情に流れ…



あまりの寒さに徐々に思考がまわらなくなり…



やがて漆黒の空間にゆっくりと静かに堕ちていく…







ひっきーさんっ

ひっきーさんっ

げ「ひっきーさん、寝ちゃイカ~~ンっ(ビシバシッ!ドカッ!)」







ひ「…ふぁっ!?寒さ(と二日酔いと寝不足と近年の不摂生)で意識が飛んでましたわ…」

あぶないあぶない(つか、操船者=オラw テヘッ)

そんな夢を見るくらい、ほんと釣れねーwww



超絶タフながらも一番反応があったのが、よこさんが使っていた某プラグ

そのプラグのそのカラー全然釣れないっすよ!とか初日の朝っぱらからエラそうに言い放ったのが

まさかの北米でのタフコン2日間で一番反応があったプラグ

乗らないバイトも多し!やっぱり何か秘密があるよな、あのプラグ…

オラも持ってるし、MJK君に聞かれても絶対に内緒にしとこっw テヘッ



そんなこんなで。。。

オールドPOE'SやWECの国内価格の妥当性について熱く語り合い涙のタイムアップ



源造さん&よこさん、今年は本当に申し訳ないっす

色々と興味深いお話&お土産をありがとうございました



PS.

お二人は翌日ヒューロン湖(仮称)へリトライ

揃ってグッドサイズを釣ってリベンジを果たしたとのこと

有終の美を飾ってもらって良かった良かった♪



20170613112405cfc.jpg





201706131124356bc.jpg



つか思いっきりガイドいらねー



え~、コホン

この度をもちましてヒッキーガイドサービスは廃業のはこびと相成りました

以降はいち変態ロッドビルダー兼変態ロッドテスターとして、ひっそりと生きていく所存でございます

長い間のご愛顧をありがとうございました



といいますのも、この先諸般の事情により釣りへ行けない状況がつづきますのよ

現在、状況が落ち着くのを待っている最中ですけどね

自己主体の事情ではないために休止期間は不明ですわ

日々状況が変化しますけど長引きそうな気配が濃厚っすね、いまのところ…



なおカスタムロッドの製作依頼は、下記の窓口でのみ受付しております

アトランタ州米国連邦刑務所内 Marcus Montgomery(マーカス・モンゴメリー)囚人まで賛美歌13番をリクエスト

その後日にニューヨークタイムス紙へ掲載される『13年式G型トラクター売りたし』の連絡先まで!



では。。。


スポンサーサイト
別窓 | ☆Bass☆ | コメント:9 | top↑
〓17'Surface Games Day One〓
2017-06-13 Tue 08:00



どもっ

まったくプチギックリが完治しません

ちょっと前まではボイジャーMF27(25kg)を平気で2個持ちしていたんだけどな…

いまはもう無理~、脊椎折れてまうわ



そのむかしは蝶のように舞い蜂のように刺す男と称されたオラでしたが

いまでは見たい動画の再生ボタンを必至に押すも、毎回DMMアダルトのリンクページへ飛ばされるような虚無感を覚えずにはいられません

蝶のように舞えず蜂に刺される男(号泣)



さて。。。

今年もやってきました恒例のサーフェス遠征コラボ

北米(北東北の米処)シリーズ五大湖のミシガン湖(仮称)釣行です!



はるばる日本は北関東からお越しのお二方

御大源造さん&よこさん



2017061311213396c.jpg




昨年はお二方揃って50UPを手にしていますからね~

50UPを釣ったら和牛焼肉ゴチルール適用で昨年はたらふく食べさせて頂きましたw

(↑諸事情により未公開釣行)

嫌がおうにも今年も期待がモッコリ高まるってものですわ~



ほんで、またまた御大から素敵なルアーをお土産に頂きました♪



2017061311215199e.jpg




よこさんからは芋焼酎を頂きましたよ

(翌日に酒豪の嫁と2人で速攻で飲み干しましたw)

源造さん、よこさん、いつも有り難うございます!



4:00 気温13℃、表水温18℃チョイ切り

やっぱ、ちょっとやそっとじゃ水温が上がりにくい

しかも朝から強風ですわw



『風速が1m毎に強くなるにつれ、体感温度は1℃下がる』

~ゲンペディアより引用~



朝から4、5mぐらいの風が吹いているってことは…

…体感8℃やがな、サブッ



折りしも状況的には完全アフターだね

レギュラー以下のサイズはもろにポストな状況だけど

通年であれば回復期にあたるのだけれどね

低水温が響いて回復が例年より遅過ぎですわ



回復期のサカナがベイトの回遊を待ってステイしやすいポイントから開始

昨年はワンキャスト目から釣れているラッキーポイント



…無

次々に好ポイントを撃つが軒並み「無」…



「まあ、(日本の)北関東だとコレが普通な状況ですから~」という御大

いやいや、ココはプレッシャーがほぼ掛かっていない北米(仮称)のド田舎ですから

悪戯してウッドクランクを巻くと時折チビが釣れてくるがトップは芳しくないね

始めて早々なにやら暗雲がたちこめる…



リアルに厚い暗雲がたちこめ降雨に…

やがて時折雨足の強まりにあわせ強風が吹き荒ぶ…

サカナが浮くどころか沈むなこりゃ…



その後も今春からの高反応エリアを重点的にまわるが不発

コマイのがヒットするも芳しくない


その後しばらく続けるも無ぅぅぅーーーー









「ペシッ」



んっ?(何の音?)









なんだ、源造さんの心が折れた音か?



ゴオオオオォォォォーーーーー



風に揺られる木々の音なのか雷か飛行機の音なのか?

不穏な轟音のなか釣りを続ける



ピカッ!!!

ドオオオオォォォォーーーーーン!




ヤバヤバ、マジで向いの山に落ちとるわ

リアル電気ショッカーを食らう可能性があるので一旦上陸して早めの昼食

そのタイミングの豪雨&雷通過!いいタイミングで上がったな



午後から若干天候の回復が見込まれるので思い切って大移動

ミシガン湖(仮称)からヒューロン湖(仮称)へ



気温はミシガン湖(仮称)より低いね…

水温もミシガン湖(仮称)より低いが、ずーっと低水温なのでサカナも慣れたかも?



メインのインレット前で40後半2本と50前半1本のスクールを発見するもルアーに反応せず

マトモなサイズの見えバスでテンションが一気に上がるが釣果が伴わない…



ヒューロン湖(仮称)名物のティンバーランド方面へ移動

ティンバーランド手前のロックハンプに枯れ植物が絡むポイントを攻めると…



どばんっ!

モンドリア~~ンっ!




沈黙を破り、源造さんナイスフィッシュ!

(爆風操船で写真無し)

フィールド変えて正解だったね♪



いよいよティンバーランド内に侵入

ひ「ここは釣れれば40後半確実ですよ!」

げ&よ「マジっすか!?めちゃくちゃ期待しますよ~~♪」



が、一旦弱まった風が再度強まり操船が困難に

ティンバーにボートをゴンゴンぶつかりながら釣り進むも反応無し

爆風と寒さのため徐々に悲壮感が船内に漂う…



ひ「あれっ?出ないっすね…」

げ&よ「…(悲壮感MAX)」



まあまあなサイズのサカナが稀に見えるけどね~

ティンバーランドを離れチャンネルとブレイクが絡む岬まわりへ

ここは必ずサカナがついている好ポイント



ひ「ここは絶対にいます…(たぶん…)」

げ&よ「はぁ~…(悲壮感EX-MAX)」



御大の操るダブルスイッシャーが冠水植物際へ着水



すーーーー、(チョン)ぱくりっ!



ぎゅいーーーーーんっ♪

きたあああああぁぁぁぁぁっーーーーー!



よく曲がる御大の名竿クラモチロッドがまさに満月状態




そして!

薄っすら見える、その褐色の巨体は…



はっ!?

もしや噂に聞く伝説のグレートブロンズバック!!!



ブロンズバックはボート真下に潜行したりブッシュへ突っ走ったりと縦横無尽に暴れまくる

クラモチロッドが本当にフォアグリップ直前までグンニャリと曲がっているしw

そしてライトカバーまわりだったけれど無事に巻かれることも無くネットイン!



ど~~んっ!









201706131122440ce.jpg










ブロンズのグッドカーーーーーーーーープッ!www

いやあ、ここで20年以上釣りしているけどカープ釣れたの初めて見たわw



その直後。。。

バシュッ!



ど~~んっ!



20170613112323e92.jpg




よこさんグッドフィッシュ!



さらに直後。。。

バシュッ!



ど~~んっ!



201706131123033da.jpg




御大カープに続きナイスフィッシュを追加!



これは…、いよいよ時合の到来なのかっ!?来たのか、来たんのかっ!ハアハア

さらに風も強まり、うねりを伴って白兎がそこらじゅうで跳ねまくる






そして期待モッコリ待望の夕方プライムタイムへ突入~~~っ!































せずに、和牛焼肉屋へ!

だって寒いんだもんwww

盟友の徳さんも日本から駆けつけ、たらふく食べましたとさ



オッサンたちの宴はつづく。。。


別窓 | ☆Bass☆ | コメント:4 | top↑
〓週末あれこれ。。。〓
2017-05-29 Mon 12:46



どもっ

というワケで週末は土日2日間の釣行だったのですが。。。



初日

気温12℃、表水温16℃



レギュラーサイズのポストスポーンでサカナの反応は薄っす

大型のアフターを狙うべく作戦変更したのだけれど。。。

これも全く反応無し

魚影すら確認できないっすわ



結局主力はベイトフィネスですな

あとは絶対に信頼を裏切らない神ワームの5インチ



ちなみにシーズ直前に組んだベイトフィネスロッドのテストも7日目

まあまあダメ出し項目もハッキり見えてきました

結論としてブランクから見直しをかけて新しいコンセプトで作り直しますわ



結局、ベイトフィネスといえどもカバー絡みが主戦場となります

並みのベイトフィネスブランクではハナシにならないという判断だす

ついでに高弾性ブランクも不要です(テストロッドは中弾性だけどね)



ほんで初日の結果は。。。

アフターの47cm1,400gをアタマに4本という全くサエない釣果



201705211659351ed.jpg



早々に切り上げて1杯飲みたい気分だったけどね

夕方に某ポイント周辺で大型の個体が浮くという情報が飛び込んできたので粘ってみた



実際は当日に高気圧が張り出したので浮いておらずw

アフターの個体が休んでいそうなブッシュに神ワームデス5で浮かせて獲ることにした



一発目のキャストでカバーの深めのポジションから浮かせることに成功

ただ食いが浅くてすっぽ抜け~

魚影はアップはゆうに越えているっぽい



サカナが戻っていくであろうカバーの最奥へ再度スキッピングでぶち込み再チャレンジ

こういうナーバス気味のサカナには、神ワームのとある使い方がハマる

先週も50UPをこのメソッドで獲っているんだよね



ほんで。。。

今度はガッツり食わせてフッキング

ほぼ回復したような結構えげつない引きで4、5回ほどカバーに突っ込まれかけた

でも強引に獲ったっす

そんな硬いロッドではないですよ、MHだけど使用体感はMぐらい

でも掛けたらHwww



2017052910131725a.jpg







54cm2,380g、1回生んだ回復系のメス

プリだったら2,800~3,000gはあっただろうね、残念です



ロッドの性能って、こんな場面でこそ真価を発揮しますね

以前使っていた某国産ロッドでは間違いなく最初の突っ込みを止めれず巻かれて終了したと思いますわ

当地の大型魚は50半ばくらいから重戦車みたいに走りますからね~

それでもファイト中に不安すら抱かないところからして全く違う



デカいの釣りたかったら本当の意味での優れたロッドを使うべきですわ

もちろんロッドの値段やメーカーのハナシでは無いです

ロッドの良さは過酷な状況で使わなきゃ絶対にわからない



怪魚ハンター化しているNobuさんにもビルダーの想像を超えた状況で過酷に扱って頂いておりますがw

つか、デカい鯉釣り過ぎっすwww

よくロッドがぶっ壊れねーな!とロッドを組んだ我ながら感心しますわ

これ以上無いほどの良いテストをして貰って嬉しいですよ



結局リールがどうのルアーがどうの、ついでに4軸がどうの…etc.という前に。。。

獲れないロッドを使っていては、掛けたあとに泣きをみるのは必至ですな

オープンウォーターならまだしも、カバー絡みだったらロッドの性能がモノをいいます

それが国産ロッドの洗脳から目が覚めて体得した真理です(諸説有りwww)







ほんで2日目。。。(初日とは別フィールド)

早朝自宅でバッテリーを車に積もうとしたら腰がピキッ!!!

ヤバい、プチ・ギックリやがな…

そろそろ軽量バッテリーかオンボードチャージャーにせんとイカンなあ



気温8℃、水温15℃

昼から用事があるので短時間釣行でした

ココもやっぱりレギュラーサイズのポストスポーン

反応が激薄っすw



スポーンエリアのガレ場ドロップオフでようやく40後半っぽい個体が口を使ったけれど食いが浅くフックオフ

あとはどこも無反応~



もう一箇所のスポーン場に入るも風雨が強まってサイトは無理

つか、えらい寒み~わwww

ほんと秋田ってシバれる



オフサイトで撃つもラインが流されてノー感じ

時間の制約による焦りと風によるラインふけでバイト察知が微妙

結局連続4バラしw



ヤツら口を使っても電撃吐き出しするらしく

呑ませるつもりで待っていても吐き出される

違和感を感じた瞬間にフッキングしてもアカンかった

深く咥え込まないからすっぽ抜けるか、フッキングと同時に薄皮がプツっ切れる感じでした

食い込みの良いベイトフィネスロッドを使っていてもこのザマ



ちなみにネストのオスは狙っていませんよ

信条的にネスト攻めを絶対にやらないなので主義なので!



20170529101421e5d.jpg



色々試行錯誤してようやくフッキング成功したけどレギュラーサイズ

46cm1,400gぐらい

こいつもメスで1回生んでるなぁ

ガルプ汁に仕込んだらやや咥えてる時間の猶予がでたよ

プラスもう一本釣れたけど同様なサイズ



その後、ババ荒れとなり、腰も限界を向かえたのでスゴスゴと退散~

結局3時間ほどの釣行でした



来週は所用で釣り自体行けるかわからん

行けても単独&短時間だな

再来週は某御方とのトップコラボ2DAYS釣行

さらに翌週からは釣り以外の予定が盛り沢山。。。



と、釣行は暫くチト怪しい感じですな

同船コラボのオッファー等も多々頂いておりますけどスケジュール的に難しいですね

しかも当方の都合でドタキャンが大いに予想されるので約束出来かねます…

激裏シリーズは某方と約束したので日をみて行きますが、諸事情もあり7月上~中旬あたりかと?



釣りばかりしとらんとロッド開発も進めないとあかんし

来月あたりにはブランクが国内外より届く予定

自分用にヘビーグラスコンポジット、極限まで粘るベイトフィネスの計2本

Nobuさん用のカスタムロッドに3本



今回はすべてNFCブランクです!

結局NFCの性能を求めて戻ってしまうw

ああ、金も時間も無ぇ~



ではまた。。。
別窓 | ☆Bass☆ | コメント:6 | top↑
〓Skeeter Punt Boat〓
2017-05-25 Thu 20:36



どもっ



以前より乗っていた愛艇12fVハルに加えて、今期から12fパントボートも導入することになりました

30年来の友人が事情によりバス釣りから離れて久しいのですが。。。

いよいよボートの置場にも困っていたこともあってオラのところに嫁いで来ることになったんです

譲るのならお前しかしない!と格安で譲渡して貰いました

有りがたく大事に乗らせていただきます



いままで何度かブログに書いておりますが。。。

通っているいくつかのフィールドは、減水するとトレーラブルボートだと降ろせなくなることが多々ありましてね

減水期には機動力の無いフローター&トップでチマチマ遊ぶのが通年のパターンなのですよ

もしくはVハル・カートップの徳さん艇に乗せてもらうとか…

しかしそんな頼みの徳さん艇も昨年にトレーラブルになったので、残念ながらオラと同じ状況になったのよね~



ほんで、たぶん殆どの人が知らないこのパント

現在はUSヤマハ傘下のバスボートメーカーSKEETERのパントという20年前に少数輸入されたレア艇

12fパントとしては、2st9.9ps船外機まで登載可能な堅牢艇だす

T.Namikiのクイントレックス・パントよりも更にヘビーデューティな仕様なので船体重量は50kg超の重量艇



重量的にトレーラブルにしたほうがベターなボートではありますね

積載する車が以前に乗っていた車高のあるフルサイズSUVだったら体力的に諦めてトレーラブルにするのですけどね

今の愛車のルーフは割りと低いので、加齢が進む非力なオヤジでも一人で何とか載せれると思う



さて。。。

現在ボートキャリア関連のハードウェア準備中

現在の愛車が著しくカートップに向かないルーフ形状なので、単純に延長クロスバーを組んでもボートの積載が難しいのね



そこで色々と調べた結果、米国でイカした積載補助アイテムを発見して早速輸入しました

こんなアイディア商品があるなんてね~、アメリカ人は合理的なものを新しく生み出す天才ですな!

ただし本来の使用目的から乖離するし、規格等も色々と違うのでカスタムしないと使いもんにならないです



キャリア類のインストールと船外機&エレキのオーバーホール、ボートデッキの改良、ペダルリセス加工等、レストアに手が掛かりそうです

しかしながら減水期に愛艇を降ろせず悶々としていたことを考えると楽しみが増えましたし、以降の釣行では確実に強力な戦力になりますね

減水が酷くなる6月下旬までにはシェイクダウン出来る見込みです



ではまた。。。



別窓 | ☆Bass☆ | コメント:6 | top↑
〓 The truth 〓
2017-05-21 Sun 19:00



どもっ

Cocytus 何回読んでおもしれー

ブログ復活しねーかな?



さて、行ってきましたわ

シーズンが始まってからというもの、まったく出口のわからないラビリンスへ…



初日、気温8℃、水温14℃

前回より2℃アップ

しかしスポーン場周辺を念入り探るも不発



水温が上がったもののスポーン場に魚影無し

一応最奥まで侵入するもネストすら確認できず

マジでおかしいっす

水温的に差してきても良いのになぁ



スポーンに絡まないサカナ3本獲って終了~



201705211659351ed.jpg



おおむねキロフィッシュぐらい

久々に延々とゴミ溜めフリップし続けた結果…

なんかオカシイ…



二日目

気温10℃、水温17℃



やはりスポーン場はモノケの空

マジで水温的に申し分ないのだけれどね

サカナが差している気配無し



スポーン場から離れた岩盤のシェードに浮きバス発見

これが何やっても喰わねーんだな、これが



で。。。

これって完全にアフターの状況じゃね?



ずっと11~12℃とかの水温が続いたんで、てっきりプリスポーンだと思い込んでいたんだけどさ

もしや、水の中はずっと季節が進んでいる?



ずっとこだわっていたプリスポ攻略戦略から変更してアフター対策に変更した結果…



201705211656186e8.jpg



一回産んだメス、スリムなマダム1,700g

もしかして、これが正解なの?



201705211658060f3.jpg



その後、同じパターンで4本追加

徳さんも作戦変更して…



20170521165841701.jpg



あまりの嬉しさにKISSしとりますがな…

気持ちはわかるね~

だってバイトが極端に無い切ない状況だったんで…



いやあ、完全に水温から判断して失敗したっすね

すべてのバスが一斉に同じ行動をする訳ではないものの、少なくとも狙っていた大型魚は既にアフターな事は間違いないなあ

ちなみに中型以下はスポーン絡み真っ只中でしたよ

ヒトの考えなんて大したことはないね〜

自然は人の思慮なんて及ばないほど深いわ



こんな謎解きが面白くてアングラーはハマっていくのですな

ほんと奥が深い、バス釣り20年以上やってもこんなレベルで恥ずかしいっす…

そんな今期の春




ではまた。。。





来週もつづくよ!



別窓 | ☆Bass☆ | コメント:4 | top↑
| 〓 Hikki Sixx の Burn! Fishing 〓 | NEXT